パッシブインカムの仕組み

とり
想像してみてください。

あなたが今この記事を読んでいる間も、 収益が発生し、 あなたの銀行口座にお金が振り込まれるところを。 あなたが寝ていようが、 旅行に行こうが、ご飯を食べていようが、 銀行に記帳しにいけば「ジジジジジ…」と 記帳の音が鳴り止まず、 残高を確認すれば、7桁、8桁、9桁と、 見たことないほど数字が並んでいる。

と、あえて露骨にお伝えしましたが、

上記のような状態を望むなら、 この記事はあなたにピッタリです。 元開成高校英語教師で、 今は家族で旅しながらPCで全国どこでも仕事する僕が、 時間を大事にしながら 「メディア✖︎仕組み」で収入を得る方法をお伝えします。

ユピテル
あやしい・・・
とり
その感想、OKです。笑

なぜならそれが、 たぶん普通の感覚だからです。 今までの常識で しっかり育てられた結果です。 しかもこの方法は、 ただネットで収入を得る "だけ" ではありません。 あなたが スマホでゲームしてる時も、 Twitter をスクロールしてる時も、 電車や車の移動中も、 収入を得られるようにする方法です。 とまで言うと、 長年、中学校・高校の教師をしていた鳥山も ついにダークサイドに落ちたな、 と思うかもしれません。

ぎくっ (思ってた)
とり
ですよね。

わからないこと、身近ではないことだから そう思ってしまうのかと思います。

ですが、 わかればカンタンなことです。

五反田に住む僕のおじは、 駐車場と自販機を所有して、 収入を得ていました。

そういった、 権利収入、不労収入というやつです。

置いてある駐車場のマシーンが、 お客さんからお金を回収してくれます

自販機が、 お客さんからお金を回収してくれます

これがネット完結であれば 物理的な制約を受けずに、 ツールで解決できます。

つまりあなたは、 「"自販機" をつくっておくだけ」でいいのです。 それで収入が入り続けます。 すごいことですが、マジです。

とり
あぁ、 どんどんあやしくなってきた気がします。笑
ユピテル
否めませんね。

ですが これが資本主義の仕組みなので、 ぜひ自分自身で中身を見て、 真実を確かめてもらえればと思います。

このページで、 超絶わかりやすい戦略を描きました。

この通りたどってもらえれば、 大きく道を踏み違えることはありません。

超初心者、完全なる0から、 「家族で旅して、 好きな時に好きな場所で好きな人と仕事する」 毎日が楽しくなる鉄板ステップを書きます。 僕の息子に教える気で。 すでにステージを進んでいる方は、 自分がどのステージにいるか確認するのに使うのもオススメです。

ちなみに、この記事はそこそこ長文なので あとで見返せるように お気に入り登録しておくと便利かと思います。

「⌘(Ctrl)+D」でも登録可能です。

これからお伝えする 「メディアビジネス」とは

「ある特定のテーマについて、すでに詳しく知っていること、 あるいは本を読んだり、ネットで調べたり、体験したことを、 メディア発信することで価値を生み、お金を頂く」

というビジネスです。

ビジネスというと大仰に感じるかもしれませんが、 ブログもYouTubeも、あるいは多くが見ているテレビも、 メディアビジネスです。

ベネッセや東進ハイスクールも、 動画や教材というメディアで価値提供して収益を生んでいるので、 広義のメディアビジネスです。

その "行動" に着目して「情報発信ビジネス」と言われたり、 "作成物" に着目して「コンテンツビジネス」なんて言われますが、 僕は "各メディア" を駆使することに重きを置いているので、 「メディアビジネス」と呼んでます。

ステージ0 パソコンで稼ぐには "正しく検索"

初級すぎない?!
とり
「検索」を初球と思える中・上級者さんは、 このステージは読み飛ばしてください。僕は「検索」にこそ、 今後の「時短」を実現するエッセンスが詰まっていると思ってます。 いってみましょう!

"正しく検索" とは「複合キーワード」で検索できるか、 ということです。

「長野県にある野外サウナ」といった文章ではなく 「長野県 野外 サウナ」というように 単語とスペースを使って検索できればOK。

(長野県の「The Sauna」という野外サウナが 天国らしいのでさっそく1ヶ月ほど滞在してくることにしました^^ノ)

漠然と検索するより精度が上がり、 ピンポイントで解決できるので、時短になります。

何かわからなくなったら、まずは検索! これであなたが今後ぶつかる 疑問の 94 %は解決するでしょう。

ちなみに、検索するにも ショートカットキーがありますので ステージ2で細かくお伝えします。

大切なことは質問をやめないことだ。 好奇心こそ、我々の存在を示すものなのだ。 アルバート・アインシュタイン

ステージ1 タッチタイピング(ブラインドタッチ)が "高速で" できる

とり
これも時間短縮の一手です。

時間が生まれるほど、 作業が進み、銀行に入金される金額も増えつつ、 息子と浜辺を歩いたり、奥さんと夕陽を眺めたり、 病みつきになる牛タンとトロロ麦飯を頬張ったり、 一人サウナで水風呂と往復して整ったり。 たくさん大切な時間が過ごせます。

素敵すぎる日常!時短が大事なことはもうわかったよ!!
とり
失礼しました。 大事なことなので、頭に叩き込んで頂ければと。

時間こそが、のちのちお金にも、思い出にも変わります。 よろしくどうぞ。 ここでは、 「タイピングが高速」の基準だけ示しておきます。 寿司打というゲームで 5,000 円コースは必須です。 これをできずにパソコンで仕事しようなんて、 足枷を付けたまま登山に行こうとしてるようなものです。 まずはひたすらタイピングを高速にしてください。 できれば1万円コース達成を目指すべし。 (ゲーム感覚で楽しめる限り)

、、、PCでみている方は、 まさか上の「寿司打」という文字を そのままクリックしてないですよね?笑

どんなページであれ、 読み込みにはそれなりに時間がかかります。

なのでここでは 「⌘(Ctrl)」押しながらクリック

はい、どうぞ。↓

「寿司打」

「⌘(Ctrl)」押しながらクリックしました?

そしたら、 新しい「タブ」で開かれたはずです。

(今回は仮にそのままクリックしちゃってもこの画面が残るように、 新しいタブで開かれる設定をしておきました)

このショートカットキーを使えば、

新しいページを読み込んでいる間、 今のページを読み進められます。

そんな感じで、時間をつくり出します。 ひたすらに。

てな訳で、 高速タイピングを習得してください。

目指せ1万円完食!

TIME IS LIFE 鳥山よしき

ステージ2 ショートカットキーを扱える

これは前ステージからもお伝えしていますが よく使う機能は「ショートカットキー」を調べて、 一つずつ習得していくのがいいと思います。

一気に紹介しても覚えきれないと思いますが 「調べる作業」を早くする術を、お伝えしておきます。

コレに関しては、 このページで今、 全部覚えてから通してやってみてくださいね!練習あるのみ。

  1. 「⌘(Ctrl)+T」新しいタブ開く
  2. 「検索 ショートカットキー」で検索する それを打ち込むのすら省略したいので ↑のをカーソル長押しで最初から最後まで選択し、 「⌘+C」でコピーそれを「⌘+T」で開いた先に「⌘+V」で貼り付け。(ちなみにカットは「⌘+X」 キーボードの「X」の辺りを見てください これら「⌘+X, C, V」の並びは文章執筆で頻出なので要習得)
  3. 検索するとトップに表示される ページ内キーワード検索「⌘+F」も必須ですが、 一旦、どこかのページに入ってみてください。そして戻ります。ここで、 戻るために「←」をクリックしにいかないように。
  4. ここは「⌘+[ 」です。 検索ページに戻ってきます。 もちろんページを進むのは???「⌘+〇」ぜひ、 キーボードを見て考えてみてください!「戻る」が「⌘+[ 」だから?・ ・ ・そう、「⌘+] 」です!👏8888👏 「パチパチパチパチ」
  5. 最後に「⌘+W」でタブを閉じます👍

では、「⌘+T」からどうぞ!

端的におさらい
  1. 「検索 ショートカットキー」を「⌘+C」
  2. 「⌘+T」でタブ開く
  3. 「⌘+V」で検索窓に貼り付け
  4. 「Enter」で検索
  5. いずれかのページをクリック
  6. 「⌘+[ 」で戻る
  7. 「⌘+] 」で進む
  8. 行ったり来たりしてみる
  9. 「⌘+F」で、ページ内キーワード検索(なにか言葉打ち込む)
  10. 「⌘+W」で閉じてここへ戻ってくる

ではどうぞ!!!

・ ・ ・ やってくださいね?笑

・ ・ 戻ってきました!???

👏88888888👏

(※↑の番号、なにかしらいいデザインにできないかな?)

最後に、 「⌘(Ctrl)+D」で この記事をお気に入り登録しておいてください👍

ショートカットが流行ったんじゃない、わたしが流行ったのよ。 ココ・シャネル

とり
以上、 まずは徹底的に時短して永続的に時間をつくれるようにし、 その時間でメディア資産をつくっていきましょう というお話でした。

さてさて、 準備が整いました。

ショートカットキーは武器のように ことあるごとに追加で身につけていくとして、

ここからザァーーーーッと メディアビジネス戦略の流れを、 スピーディーに確認しましょう。

ぶっちゃけると、 最小で3ステップまで落とし込めます。

  1. テーマを決める
  2. 発信する
  3. 販売する

です。

カンタンでしょ?笑

ですが、 ここではもっと解像度が上がるように、 さらに丁寧に分解してお伝えします。

ステージ3 テーマを決める

ここは今後を左右する肝です。

肝ですが、 ビビりすぎず、大丈夫です。 (僕も何度か変更・進化しています)

もしあなたが今、 専門でやっていることがあればそれを。

そうでなければ、 自分が "夢中" になれることを選んでください。

「夢中」は最強です。

なぜなら、延々とできるからです。

そんな人に、 「稼ぎたいから」 という理由だけで対抗できるほど甘くありません。

もちろん、 稼ぎやすいジャンルはあります。

が、 稼ぎやすいという理由だけで選んで、 稼ぐためだけにそれをやり続ける人生は、 結構ツライです。。。

少なくとも僕は それを楽しいと思えないので、 オススメしません。

(やっぱ人生楽しみたいじゃないですか)

とり
ちなみに稼ぎやすいジャンル、 知りたいですか?
知りたい!

売れる3大ジャンルというのがあります。

なんだと思います? ちょっとだけ考えてみてください。

いいですか? 答えはずばり、

お金

健康

人間関係

詳しくみていくと、、、

  • お金=(節約、副業、ビジネス、株、不動産、FX…)→「稼げる」
  • 健康=(病気、食、美容、筋肉)→「美しく・カッコよく、元気にいられる」
  • 人間関係=(会社、恋愛、夫婦、親子)→「尊敬され、愛される」

稼げて、美しく・かっこよく元気でいられて、尊敬され愛されてたら、 だいぶいい人生ですよね?

多くの人がそこを求めます。 なので、そこにはお金もかけます。

特に、何も夢中になれるものがない、という場合は、 稼ぎやすいジャンルから何か選んでスタートし、 それに自分の色というか、 自分独自の要素を掛け合わせる形を目指してください。

テーマを選んだら、そのことについて、 本を読んだり、ネットで調べたり、体験します。

そして、それらを 「メディアで発信することで価値を生み、お金を頂く」

これが、「メディアビジネス」です。

非常にシンプルです。

ステージ4 いずれかの SNS で発信・交流ができる→初収益発生可能

ここからは、語り出すと深い深い戦術の話になって、 延々と終わらないので、 ザックザックと概要を説明します。

まずは SNS で発信と交流ができればOKです。 意外と「交流」は重要です。

そこで差がつくと言っても 過言ではありません。

結構な人が交流を嫌がるので、 だからこそチャンスです。

まぁここでは、 最低限、機能的に扱える、 という状態になればOKです。

選ぶメディアは

Twitter Instagram Facebook TikTok

あたりの 主要どころにしましょう。

そこでステージ4で扱うテーマについて、 まずはなんとなく発信をし始めます。

途中で路線変更もありなので、 練習のつもりで発信してください。

まずは 学びのアウトプットとしての、 発信です。

たとえば ここで学べたことも(ショートカットキーなど) 自分なりにまとめて発信してみてください。

どうぞ→「Twitter

とり
しましたか?笑 残念ながら、 ほとんどの人はしようとしません。

「やってどうすんの?」 「やったところで何も変わらないじゃん」 とバカにするから。

だからこそ、 「する人」が勝ちます。 「する人」が生き残ります。

ここで、衝撃的な事実をお伝えします。

実は、そういう小さなことの積み重ねが、 億稼ぐ人になるかどうかの分かれ目です。

まぢです。

行動する人か、否か。

Twitter が一番カンタンだと思います。

まずはご自身のアウトプットのために、 やってみてください。

さらに誰かに役立つかもしれないので、 やってみてください。

その「役立つ」ということが、 ビジネスの第一条件です。

あなたのツイートを見た人が、 「この人のツイート役立つなぁ」 と思ったらどうでしょうか?

その人は次に、 どう行動すると思いますか?

  1. あなたのツイートにいいねします
  2. あなたをフォローします
  3. あなたのツイートを読みます
  4. リプライします
  5. リツートします
  6. あなたへの信頼を高めます
  7. あなたが本気で勧めるものをほしいと思うでしょう
  8. 購入することだってあります
とり
このように、 「あなたに注目を集めていくこと」 こそがメディアビジネスの肝です。この視点を忘れないでください。

これさえ抑えておけば、 メディアを活用して収入にすることはできます。

もう収入につながる導線が見えましたね?

その上で、 発信で意識すべきことは 以下の3つです。

  1. 自分の学びを身につけるための発信
  2. 誰かに役立つための発信そして
  3. 誰かを喜ばせるための発信

です。

さて、 1は自分が発信したテーマについてや、 今学んでいることについてですね。

2は1とほぼイコールで、 特に要約やまとめ発信ですね。

では、 3「誰かを喜ばせるための発信」は 具体的には何だと思いますか?

こういったことを あなた自身で考えられるようになると、 あなたは「独り立ち」です!

いくらでも自分で成長して、 いくらでも稼げるようになります。

(僕は教師の頃から、生徒の自立、 すなわち教師である僕が 必要なくなることこそ目指してました)

さて、肝心の 「誰かを喜ばせる」 の答えですが、

(考えました?)

これはたとえば、 このブログ記事のまとめツイートをします。

部分でOKです。 (僕それ、めっちゃうれしいです)

そして、 僕の Twitter にメンションを飛ばすのです。

@tori_bouzu

もちろん、 僕に限らなくていいですよ、 いいと思ったブログの人に対してそういうことをします。

すると どうでしょうか?

僕がどんな行動を取ると思いますか?

たとえばそれが 「お、いいな、うれしいな」と思うツイートなら、 僕がそれをリツイートします。

すると、 あなたの Twitter アカウントが 普段は触れない人の目に触れます。

ここでフォロワーが増える チャンスを得ますね。

さらに それを繰り返していると、 僕の頭の中にあなたの印象が残ります。

となると、 僕もやっぱり何か返したくなる。

と、 なんかいいこと起こりそうじゃないですか?

そんなことから、 ご縁が生まれたりするんですよね。

1やって 10 返ってくる訳ではありませんが、 10 やれば1ぐらい返ってきます。

そんな「GIVEの精神」でいると、 自分のことばかり考えてる その他大勢をごぼう抜きできます。

一番応援する人が、一番応援される。 鳥山よしき

すみません、 ザッと、と言いながら 一番長い章になりました。

反省して、 次以降完全に短くします。

僕は決めました。短くします。 (フリではありません)

ステージ5 あなたのテーマについて、 長文が書ける(1万文字以上)、もしくは長時間話せる(30分以上)

ステージ3で信頼が貯まると、 もうあなたは何かを売ることができます。

でも焦って、 やたらめったら売らないでください。

その瞬間せっかく貯めた信頼が地に落ちて、 それ以降、稼げなくなります。(あるある)

僕はそうやってお金のために企業案件を紹介して、 つぶれていったプチインフルエンサーが たくさんいることを知っています。(いまなお…)

あなたはそうならないでください。

と、 ここでは軽く注意だけしておきます。

最初はマネタイズのためにアフィリエイトと言って、 商品紹介で稼いで頂いてもOKです。

ですが、

理想は 「自分の商品(文章や動画)をつくって売ること」 です。

そのための長文(note や PDF教材)、 あるいは長時間トーク(セミナー)です。

これらを自分の「コンテンツ」と呼びます。

なので、 これらを販売して収入にする方法を 「コンテンツビジネス」 なんて言ったりします。

ここが一つめの目標地点です。

自分の商品こそ、 誰にも依存せず、 誰にも左右されず、 自分のビジネスを確立できる状態です。

通過地点として、 人の商品を売るアフィリエイトや 企業の商品を紹介する企業案件もありですが、

それらはまだ依存状態にあるので、 本質的な自立を目指すなら、 ぜひその先の、 自分の商品を持つステージまで進んでください。

それが真の「自立」です。

ボクが誇りにしていることがひとつある。 それはボクが自立しているって事実だ…。 スヌーピー

ステージ6 決済を受けられる→自立収益発生

個人起業家なら、 PayPal, Stripe を抑えておけばいいでしょう。

一番カンタンなのは、 記事を直接売れるブログサービスの 「note」で決済を受けることでしょう。

ステージ5の長文を商品に、 ステージ4から育てた SNS で宣伝することで、 初収益を発生させられるはずです。

しかもこれは「自分の商品」。 誰にも左右されません。 誰にも依存していません。 「自立」してます。

これこそ、 迷うことなき道筋です。

この先は 自分の商品の販売金額を上げ、 数を増やし、自動化する、 事業展開といっていいステージです。

楽しいですよ。

Let's GO! テンポ上がってきたぁーーー!

自立は最も重要です。 軽蔑する人に会わずに済みますし、 最低だと思っている人に挨拶しなくても済みますし、 他の点では頭の良い人でも生活のために やむを得ずいろいろしている人がいますが、 そういうことをしなくても済むようになります。 こういう束縛は人を自殺に追い込むことさえあります。 フランソワーズ・サガン

ステージ7 公式LINEか、メール配信ツールが扱える

ここまでで販売まで到達できるのに、 これらを使う理由、わかりますか?

理由は大きく2つあります。

(ぜひ、考えてくださいね)

・ ・ ・

1つ目は 「顧客リスト」と言って、 今までは一度きりだったお客さんと 「繋がれるから」です。

つまり、 ブログに訪れて、 はいさようなら、とならないということです。

これにより、 何度でもこちらからアプローチできます。

2つ目は 「売る確率(成約率)を上げられる」からです。

一度きりではなく、 何度も接触できることで信頼を高めやすく、 結果として 高い金額の商品も売りやすくなります。

自分を信頼し始めれば、 ただちに生き方が変わるだろう。 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ステージ8 販売ページをつくれる

公式LINEやメール配信を続けたあと、 販売を行うのは、販売ページがいいでしょう。

ここで note の記事での販売は、 いささか興醒めです。

また、 そういったものでは残念ながら 高額なものはなかなか売れません。

なぜか?

(なぜだと思いますか?)

それは、

締切を設けられないからです。

僕らマーケッターの仕事は 「締切を設けること」 と言われるほど、締切は重要です。

びっくりすると思いますが、 締切を2度設けると売上は2倍になり、 締切を3度設けると売上は3倍になります。

「締切を2度3度ってどういうこと???」

と思うかもしれませんが、

ここでは その方法はさておき、 「締切は重要!」 ということだけ頭に叩き込んでおいてください。

締切のない販売は、 「水風呂のないサウナ」 「夕陽を見れない生活」 「タモリさんのいない『笑っていいとも!』」です。

締切りなしの作業なら 思い切り楽しい仕事になるだろうが、 おそらくまったく進行しないに違いない。 手塚治虫

ステージ9 自分で自分の商品を管理できる

これは、 ステージ8「販売ページをつくれる」とほぼ同義ですが、

note(記事を売れるブログ) や Brain (note の機能+紹介報酬を付けられる)や Udemy(教育動画の販売) なんかだと 手数料が取られてしまいます。

なので このあと売上を拡大する前に、 自己管理にしておくといいですよ、 という話です。

フリーマーケットの出店ではなく、 デパートの出店でもなく、 自社店舗で経営するイメージです。

金額が少ないとさほど気になりませんが、 このあと拡大した時には、 手数料の1%が大きな差になってきます。

たとえば note なら売上の 20 %ほどが 手数料としてもっていかれます。

100 万円なら 20 万円。

1,000 万円なら 200 万円。

1億円なら 2,000 万円。

かなり大きいですね?汗

なので、 自分の商品は自分で管理しましょう、 ということです。

ちなみに Brain なら手数料 12 %。 でもおそらく特徴である紹介機能を使うので、 そうすると 24 %。

Udemy なら 63 %です。 その代わり note や Brain と違って、 集客と販売をしてくれます。

もし自分で集客してくれば、 Udemy での手数料は3%になります。 (ただし販売できる商品の価格上限は 24,000 円、 かつ、Udemy のタイミングでセールが行われます)

毎日その最も大切な事柄を優先する形で自己管理をすれば、 人生は何と大きく変わってくることだろう。 『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー

ステージ10 販売を自動化する

ステージ7(LINEやメール配信)と ステージ8(販売ページ)を使って、 販売の仕組みをつくります。

具体的には、 LINE や メール を、 1日目、2日目、3日目と事前に設定しておいて、 それらを自動で流れるようにすることを言います。

これにより、 登録者に対して、 自動で販売ページまでの案内が行われます。

そのシナリオ(送られるメッセージの内容)と 販売ページ次第で、売上が決まります。

これは一度完成させて、 あとから改善改善を繰り返して 精度を上げていきます。

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。 つまり、製品がおのずから売れるようにすることである。 ピーター・ドラッカー

ステージ11 商品提供を自動化する

販売を自動化すると時間が生まれるので、 その時間で商品提供を充実させます。

具体的には、

購入後に自動的に商品が渡されるのはもちろん、 そのフォローも、 ステージ7のLINEやメールの配信で自動化する、 ということです。

これにより、 かなり手厚いサポートを提供することができます。 僕は自分のすべてのコースにこれを付けています。

マーケティングは販売に注力するのではなく、 むしろ販売が不要なほど魅力的な製品の開発に注力すべきだ。 フィリップ・コトラー

ステージ12 集客を自動化する

これはもう究極「広告」です。

広告費を回しても、 それを上回る利益が ステージ10の「販売の仕組み」から生まれれば、 いくらでも回すことができます。

1万円入れたら 2万円出てくる状態になれば、

1億円入れたら?

こうなると 「無限の錬金術」です。

ですが、 この状態になるために、 販売と提供を自動化しておく必要があります。

お客さんが来まくっても 受け皿がなければ、

穴の空いたバケツに水を注ぐことに、 ボーリング玉の上でジェンガをやることに、 なってしまいます。

(実際には、 広告費が上がると共に 費用対効果に変化が起こるので そのたび一工夫必要です)

ちなみに理想は「口コミ」で、 商品の良さでお客さんがお客さんを 連れてきてくれる状態です。

あとはその進化系で、 紹介報酬(アフィリエイト)を用意して、 お客さんを連れてきてもらうようにすることです。 (広告費より安くなれば、こちらを選択)

降りて来いよド三流。 格の違いってやつを見せてやる 『鋼の錬金術師』エドワード・エルリック

さぁ、旅に出よう。あなたはどこへ行きますか?

さてさて、 ここまで来ると

あなたには あなたのファンがいて、 あなたの商品があり、 そこへ

自動的に集客され、 自動的に販売され、 自動的に提供される

仕組みを持っていることになります。

手離れのよい ビジネスモデルの完成です。

これ、現代ではツールを使うことで、 一人で完成させることができます。

すごいですよね…。

流れにまだ実感が持てない場合は、

僕の初心者向けLINEか、 事業者(すでに自分で提供する商品かサービスを持ってる方)向けメール に登録してみてください。

「こうやって販売まで行われるんだ」 ということがよくわかると思います。

(必ずしも買う必要はありません 必要だと思ったら商品・企画をご購入ください 僕は開成高校でも教師をやっていたので、 その先の学びの提供も、参考になる自信はあります)

迷った時は、「他者研究」です。

(販売までの研究なら、 商品を買わなくてもできます)

ただ、 仕事を自動化して、 自由に旅に出るのが目標なら、 僕の商品以上に必要なものはないと断言します。

「戦略」はこの記事でお渡ししました。

あとは 「戦術」を知って、やるだけです。

そんなことより、

屋久島で、波打ち際の岩場にできた海中温泉に浸かって朝日を眺めたり、 福岡で、肉汁溢れる日本一のハンバーガーによだれ混じりでかじり付いたり、 奄美大島で、貸し切り状態の砂浜を息子と走り回ったり、 鵠沼海岸のマンションの最上階から、富士山を横目に、山に沈む夕陽を奥さんとゆっくり眺めたり、

自分の時間を大切にする生活をしませんか?

ちゃんと武器さえ身につければ、 人生はどこまでも自由です。

さぁ、旅に出よう。

あなたはどこへ行きますか?

夢中を武器に、成長を楽しもう 鳥山よしき

実現するためのツールは何使えばいいの!?

こちらにまとめました。

「しゃべり」を磨き、価値を届けるパッシブインカムをつくりませんか?

5年で 26.25 倍の広告市場になるとされる
「音声配信情報」を無料で公開します。
7日間限定、120 分に渡る講義動画